生理痛緩和や自律神経失調症の治療に用いられる避妊薬

ピルは避妊薬としてのイメージが強い薬ですが、実は様々な治療にも用いられている薬でもあります。

避妊薬以外としてピルは、生理痛の緩和治療に用いられる薬です。
生理の前になると「黄体ホルモン」という女性ホルモンの分泌が増加し、子宮内膜を厚くします。
子宮内膜が厚くなる事で、受精卵が着床しやすくなり妊娠するのです。
ただ、この子宮内膜の中には「プロスタグランジン」という物質が作られるのですが、このプロスタグランジンは子宮の収縮を促進させる、物質でもあります。
子宮内膜が厚くなり過ぎると、プロスタグランジンの量が増え、子宮の収縮が強くなる事から生理痛になってしまうのです。
ピルには黄体ホルモンの他に、卵胞ホルモンという女性ホルモンも含まれている為、子宮内膜の増殖を抑える効果が期待できます。
子宮内膜が厚くなり過ぎない為、ピルを服用する事で生理痛の緩和に繋がります。

また、ピルは自律神経失調症の治療にも、用いられるケースが増えつつあります。
自律神経失調症という名前から、「イライラする」・「気分が落ち込む」など精神的な病気かと思われがちですが、このような症状の他に睡眠障害や食欲不振、頭痛や胃痛、めまいや耳鳴りなど様々な体の不調が現れる病気です。

自律神経失調症は交感神経と、副交感神経のバランスが崩れる事で、起こると考えられています。
交感神経と副交感神経は女性ホルモンの影響を受けやすく女性ホルモンが安定すると、自律神経も安定する事から避妊薬であるピルが、自律神経失調症の治療にも用いられるようになりました。

他にもピルは色々な病気の治療に処方されています。
未だ服用に抵抗を感じる女性も多いようですが、安全性の高い薬ですので、安心して治療に取り入れてみましょう。

ページトップへ