大人のマナーである避妊薬には賞味期限があるの?

セックスの際に、何も言わなくてもコンドームを装着してくれる人はマナーの良い男性ですが、中には遊びのつもりだからと、相手が妊娠しようがお構いなしというマナーの悪い男性がいることも確かです。

そのためには女性側のマナーとして、避妊薬であるピルを服用すれば望まない妊娠をしなくても済むことになります。

ただ、避妊薬であるピルを、妊娠を回避するためだけの薬だと思っていないでしょうか?

もちろん女性が積極的にできる避妊薬としての効果は絶大ですが、ピルはそれ以外にも女性の体の不調を整えるのに有効な薬でもあるのです。

たとえば、ピルを服用することでPMSや生理痛、人によっては子宮筋腫は子宮内膜症など、女性にしかない内臓機関により抱えてしまう症状を緩和したり軽減する作用があるのです。

また、長期間の服用で、卵巣嚢腫や卵巣がん、子宮体がんなどの発生絵リスクも下げるなどにも効果があると言われています。

しかし、ピルは毎日飲む必要があるため、何回か飲み忘れてしまうと面倒になりそのまま放置してしまう場合もあることでしょう。
そして何かのきっかけで思い出したようにまた服用を再開しようとすることもあると思われます。

ピルにも、賞味期限がある、ということはご存知でしょうか。

ほとんどの薬が未開封の状態であれば3年間はメーカーによって品質保証がされています。
そのため、賞味期限も3年は大丈夫、ということになります。

それならば賞味期限内であれば、服用しても健康被害などの影響は問題ないと考えるのが普通かもしれません。

でも、ピルの場合、大事なのはちゃんと避妊効果があるか、ということです。
しばらく飲んでいなくてまた再開した場合、きちんと飲んでも避妊効果が得られるかどうかは何とも言えません。

確実に避妊したいのであれば、やはりまたきちんと婦人科で処方してもらうことをおすすめします。

ページトップへ