高齢者の身元保証は心配

main-img

高齢になるにつれて、自分の身元を保証してくれる人がいなくなります。

若い頃は、自分の両親や兄弟などが身元を保証してくれますが、自分より先に他界してしまいますと保証してくれません。そうなれば、賃貸物件や有料老人ホームの入居も契約する事が出来なくなりますので、持ち家以外の高齢者は住居面で最も苦労する事になります。

自分の身元が保証されなければ生活は大変になります。
そんな高齢者向けの身元保証代行を民間企業で行っています。月々の料金は発生しますが、一種の保険として加入する高齢者が増えてきています。

多角的な視点から高齢者の身元保証選びをお手伝いします。

この身元保証に加入する事で、様々なメリットがあります。



まず、賃貸物件を借りる際に保証人を立てられることです。

これは、有料老人ホームに入居するときにも同様であり、住居面での不安要素はなくなります。


また、万が一の病気なりにかかった際の連絡先にもなります。これで、高齢者で多いと言われている孤独死という面を避ける事ができます。

つまり、この身元保証代行に加入する事によって、高齢者の一人暮らしであっても生活面を民間企業がサポートしてくれますので安心して日常生活を送る事ができます。
ただ、保証人代行と契約する際は印鑑証明書を保証会社を送付させて登録する事が重要事項です。



月々料金も契約が決まってから支払うものですので、登録料を事前に支払う事はありませんので、実質支払う料金は月々の料金のみですので、本当に医療保険感覚で契約できるものです。

難しくない身元保証

subpage1

高齢化社会が進む中で浮き彫りになってきた問題が身元保証者のいない高齢者の存在です。独身者や子供を持たない夫婦、希薄な親族関係など家族の在り方が変わってきたことで天涯孤独になってしまう方が増えており、身元保証をしてれる人物が身近にいないことから、賃貸住宅への入居や病院への入院、有料老人ホームへの入居が困難となるケースも珍しくありません。...

more

ためになる身元保証

subpage2

日本の少子高齢化問題化は深刻化しており、出生率の低下と同時に総人口の4人に1人は65歳以上の高齢者になっているという、非常に高い人口比率になっています。超高齢社会に突入しながらも今後ますますその比率は高くなっていくと予測されているのです。...

more

身元保証についての考察

subpage3

高齢者は子供が居たりすることも多く、その身元保証では子供がなるのが一般的ですが、最近は未婚率の上昇で子供が居なかったり、子供を親よりも早く死亡するケースも存在します。そのため一人暮らしの方が増える傾向があります。...

more

身元保証を身に付けよう

subpage4

高齢者にとって身元保証が出来ないと厳しい場合があります。特に公的介護保険サービスの利用を行う場合にあって高額な利用になりやすい施設系サービスや在宅系サービスの中でも入居や入所を伴う類いにあっては、この高齢者の身元保証を厳格に行いたいと考えている場合が少なくありません。...

more