避妊薬の避妊効果はどのくらいか

男性と女性がセックスをすると、妊娠をしてしまう可能性があります。特に排卵日に近い日にちでは、避妊をせずにいて生理があるまでハラハラするなんてこともあるのです。そういった状況を避けるためにも避妊をしていく必要があります。通常は、男性がつけるコンドームがあり、それが日本ではメジャーではあるのですが、ほかにもいろいろな方法があるのです。
IUDやペッサリー、フィルム、ゼリー、そしてピルといった経口避妊薬もあります。ピルというのは、日本で認可されるようになってそれほど経っていないため、まだ認知度も高くありません。しかし、少しずつ知られるようになっているのは事実です。
ピルでも低用量のピルと中用量のピルがあり、それぞれ用途や使い方などが異なっています。低用量では事前に妊娠を避けることができるように28日間を1周期として毎日飲み続けるものであり、ホルモン剤が入っているために排卵を抑えることができ、妊娠を防ぐことができるものです。正しく服用した場合には、99%以上の成功率を誇る避妊薬といえるのです。しかし、飲み忘れなどで失敗することがあるので、使用上の注意を知って正しく服用する必要があるのです。
中用量では緊急避妊薬として、セックスをしたあとにもしかして妊娠してしまったかもしれないという時に使っていきます。コンドームを使っていたけれど破れてしまったり、望まない性交渉を強いられたりして心配な時、避妊をしなかった場合などに使うといいでしょう。こちらは少し強いホルモン剤であるため、一時的に副作用が出たりすることがありますが、すぐに元通りの生活に戻ることができます。ポイントは72時間、3日以内に服用するということです。そのタイミングが難しいのですが、やばいと思ったらすぐに産婦人科を受診して出してもらうようにします。対応が早ければ早い方が高い避妊効果があるといわれています。72時間以内では80%以上の効果があるということなのです。
このように、低用量ピルは正しく使えば100%近い成功率ですし、中用量でもかなり高い成功率であるので、頼りになる存在なのです。
今は法的に医師の受診をしてもらう方法と、海外からの個人輸入により入手する方法があります。通販ではかなり安くまとめ買いもできるので便利ですし、事前に手に入れておくと安心して生活を送ることができるのです。こういったことを知っておくといざというときにいいでしょう。

↓ピルを手軽に購入するお薦めサイトです
ピルを通販で購入しよう
トリキュラー

ページトップへ